正直気がつかなったのですが、マイクロソフト社はOpen JDKの提供を開始するみたいです。JVM専門家集団と名高いjClarity社の買収や著名なJavaエンジニアたちがMS社に合流していることとAzureのビジネスにおいてもJavaの存在が大きいことから、今回のリリースに至ったとのこと。

ポイントを要約すると

  • Microsoftが無償でOpenJDKの提供を開始(Windows / Linux / Mac)
  • ビルドのノウハウはAdopt OpenJDKのものを利用する
  • 今のところ、LTSとなる11, 17をリリースしていく予定(16EAも一応あるが、現時点では色々未確定)
  • AzureやMS社内で既に利用を開始(本番利用実績として言及)
  • 11には、MS社の独自拡張が含まれている(本家へのパッチ提供、情報提供済み)
    • Microsoft Specific Enhancements:
      [JDK-8250902] Implement MD5 Intrinsics on x86 – Java Bug System
      New Trust Stores: Microsoft Build of OpenJDK now contains the same CA certificates as Mozilla Firefox

ちなみにAdopt OpenJDKはというと現在はEclipse Foundationへ合流し、Eclipse Adoptiumというプロジェクト名になっています。

過去には、Visual J++などJavaに関連するところでやらかしてしまったMS社ですが、ここ数年でクリーンな企業に生まれ変わった感じがして個人期には好印象です。このノリで、Microsoft Build of Linuxもありえるんじゃないでしょうか。。。

Introduction of Microsoft Build OpenJDK / Yoshio Terada

CAPTCHA