日本語を選択してインストールした場合は、ダウンロードディレクトリなどすべて日本語で作成されます。日本語の場合だとターミナルから使いづらいので英語化する方法を紹介します。

パッケージは xdg-user-dirs-gtk を利用します。それぞれのディストリビューションによってパッケージマネージャーは異なりますが、だいたい同じ方法で英語化できます。

Arch Linux系

$ sudo pacman -S xdg-user-dirs-gtk

Fedora系

$ sudo dnf install xdg-user-dirs-gtk

インストールしたパッケージを利用して設定を変更します。

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ダイアログが表示されますので、「Don’t ask me again」にチェックを入れるのを忘れずに「Update names」ボタンをクリックします。

なお、日本語のディレクトリにファイルが存在する場合は、英語化した後もディレクトリは残りますが、その場合は適当にファイルを移動や削除し、ディレクトリを削除して下さい。

CAPTCHA