このネタは、おそらくArch Linux系に日本語入力環境を構築する場合によく集中する情報です。

まずfcitx5をインストールしていない場合はpacmanでインストールします。

$ pacman -S fcitx5-im fcitx5-mozc

ここまでは大抵の検索結果と同じはすです。
次に /etc/environment に次の設定を追加して再ログインします。

GTK_IM_MODULE=fcitx
QT_IM_MODULE=fcitx
XMODIFIERS=@im=fcitx

検索しても ~/.pam_environment に設定を追加する方法の紹介が多いですが、XDGがWaylandの場合に正しく動作しないケースもあり、/etc/environment に設定する方が確実みたいです。

参考

  • https://wiki.archlinux.org/title/Fcitx5

CAPTCHA