Linux版のDiscordは、次の方法で提供されています。

  • deb
  • tar.gz

Debian系では、dpkgやaptでインストールすることができますが、Fedoraでは通常tar.gzを利用します。

ダウンロードしたtar.gzを解凍し、解凍したファイルの中のDiscordを実行することでクライアントアプケーションを実行します。メニューエディタを用いてDiscordを登録すると起動が簡単になります。

メニューエディターでDiscordを登録する

起動した時点でインストールの問題が警告として通知される場合は、音声・ビデオが機能しない状態だと思いますが、それ以外は普通に機能します。

音声・ビデオの問題を解決する方法は情報が乏しいのですが、RPM FusionリポジトリからDiscordのパッケージをインストールすることで音声・ビデオの問題を解決できます。

結論としては、必要なパッケージが不足していたようです。
RPM Fusionからインストールする場合、次のような依存関係も合わせてインストールすることになります。

インストール:
 discord.x86_64@rpmfusion-nonfree-updates

依存関係のインストール:
  libappindicator.x86_64@fedora
  libatomic.x86_64@updates
  libcxx.x86_64.updates
  libcxxabi.x86_64@updates
  libdbusmenu-gtk2.x86_64@fedora
  libindicator.x86_64@fedora

試しに依存関係のパッケージをインストールすることで、tar.gzのDiscordでも音声・ビデオの問題を解決することができました。

$ sudo dnf install \
  libappindicator \
  libindicator \
  libatomic \
  libcxx \
  libcxxabi \
  libdbusmenu-gtk2

RPM Fusionからインストールする場合

RPM Fusion(nonfree)のリポジトリを追加し有効にします。すでに追加済みの場合は、省略できます。

$ sudo dnf install \
  https://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-$(rpm -E %fedora).noarch.rpm
$ sudo dnf group update core

Discordをインストールします。

$ sudo dndf install discord

参考

CAPTCHA